1. TOP
  2. アメックスプラチナの価値を感じる特典&活用10選!アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのメリット

アメックスプラチナの価値を感じる特典&活用10選!アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのメリット

アメリカン・エキスプレス・プラチナカード

年会費が「13万円+消費税」という「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」。

この年会費の金額を見たとたん、「年会費が高すぎて入会を躊躇してした・・・」方もいらっしゃるでしょう。

実際、私も申し込み用紙を目の前にそう思いました(笑)。

アメックスプラチナカードの画像

今でこそ、アメックスプラチナカードを使い倒し、アメプラの価値を存分に感じている私ですが、AMEXプラチナホルダーになる前は、13万円もする年会費

「いったいどれだけの価値があるのか?」

と思い、いろいろネットで調べたのを覚えています。

しかし、検索にヒットするページの多くが、アメックスプラチナ公式サイトに掲載されているような通りいっぺんの情報が多く、実際にアメックスプラチナを使い倒している方の情報というのはなかなか出てきません

ですので、私がアメックスプラチナホルダーになってから、数ヶ月間でアメックスプラチナを使い倒し、わずか数ヶ月間で300万円以上の価値を受け取った記録を、アメックスプラチナに入会するかどうか迷っている方のために書くことにしました。参考にしてしていただければ幸いです。

また、アメックスプラチナホルダーを目指すための登竜門「得するアメックスゴールドの申し込み方」もお伝えします。

目次

アメックスプラチナ年会費13万円は特典を使い倒せば300万円以上戻ってくる!

アメックス・プラチナカードの真髄は、やはり、旅行や買物を楽しむためにカードが存在することです。

アメックスプラチナカード

アメプラの「13万円+消費税」という年会費は、私が以前からメインカードとして使っていた「VISAプラチナカードの年会費(5万円+消費税)」と比較しても2倍以上の年会費になり、プラチナカードの中でもかなり高額な部類に入ります。

アメックスブランドのカードの中にも、

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

のように、20,000円+消費税と格安のプラチナカードが存在します。

しかし、このカードは低価格で「アメックスプラチナ」ブランドが欲しい人にはオススメしますが、アメックスプラチナ独自の高付加価値のサービスを期待している人にはオススメできません。

アメックスが発行するプロパーカード「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の高付加価値の限定特典は、ラグジュアリーホテルやブランド店での買物、一流レストランでの特典が中心になります。

ですから、これらのハイブランドのお店やラグジュアリーホテルを、どれぐらい利用するか?が、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードを持つべきかどうかの分かれ目になるでしょう。

もし、あなたが、今からアメックス・プラチナにアップグレードするかどうか、もしくは、将来アメックスプラチナを持ちたいと思っているなら、この記事でご紹介しているホテルやレストラン、ブランド店をよく使うかどうか?を判断基準にすると良いでしょう。

アメックスプラチナは「レジャーにお金を使う人」の特典が豊富。その中の5つを私は使い倒す!

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードに入会すると、プラチナカード専用のウェブサイトが用意されており、そのページにプラチナカードの特典がぎっしりと記されています。

特典の「まとめ」は、この記事の最後に一覧にしていますので後で見ていただくとして、私がプラチナカードを取得して、実際に使い倒して大満足している5つの特典を選んで先にご紹介します。

では、数あるアメックスプラチナの特典の中で、私が好んで使い倒しているサービスを紹介しましょう。

私がよく使っているサービスから順に5つを挙げると・・・

  1. ファイン・ホテル・アンド・リゾート
    12時チェックイン(空室があれば)、16時チェックアウト(確約)、朝食無料、部屋のアップグレード(空室があれば)!
    →数ヶ月で300万円以上の割引を受ける。
  2. アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン
    ファイン・ホテル・アンド・リゾートのオンライン予約に大活躍!
    →複数の日程やホテルの料金を調べる際はコンシェルジェよりオンラインの方が便利。
  3. アメリカン・エキスプレス・セレクト
    ビジネスホテル割引プラン、ラグジュアリーホテル割引プラン、スイートルーム半額プランがある。
    →京王プラザホテル新宿のスイートルームに半額で宿泊。
  4. メンバーシップ・リワード
    35,000ポイントを35,000マイルに交換(7万円以上の価値)。
  5. ダイニング・アクセス
    15,000円のディナーを2人で予約し1人無料に。

など、ホテルの特典やレストランの特典を使い倒しています。

私は出張も多く打ち合わせも頻繁にあるので、ホテル利用が多く、アメックスプラチナの特典を最大限に利用している方だと思います。

ラグジュアリーな「ホテル」「レストラン」の2つを月に1回〜2回程度利用される方なら、13万円の年会費は十分に価値があるでしょう。

アメックス・プラチナをたった3ヶ月だけ使って受けた価値は実に300万円以上!

上の5つのアメックスプラチナの使い方をご覧いただくと、「旅行」や「レジャー」「食事」にどれだけアメプラを使うかが、アメックスプラチナを使い倒すコツになっていることをご理解いただけると思います。

アメリカン・エキスプレス・プラチナカード

とくに、「ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)」の部屋アップグレード特典は、確約ではないものの、運が良ければ、とてつもないアップグレードの提案をホテルから受けられます。

私もFHRを使い始めてから1ヶ月目でとんでもないオファーをいただきました。

たとえば、「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」で東京の「ザ・リッツ・カールトン東京」を予約し、チェックインした当日に、信じられないアップグレードの提案をスタッフから受けました。

しかも、一度ではありません。

アメックスプラチナを使い始めてから「リッツカールトン東京」に宿泊した二度とも驚愕の部屋のアップグレードの提案をいただいたのです。

FHRでリッツカールトン東京1回目の宿泊

1回目の宿泊は、「エグゼクティブスイート」を8万円弱で予約していました。

チェックイン時に「追加料金で素敵なお部屋にアップグレードできる」という提案を受けたので、「エグゼクティブスイート」と「クラブカールトンスイート」の料金の差額を支払い、

「クラブカールトンスイート(120平方m)」から「ザ・リッツ・カールトン・スイート(307平方m)」

に、無料でアップグレードをしていただきました。

FHRでリッツカールトン東京の2回目の宿泊

2回目の宿泊は「ミレニアスイート」を10万円ほどで予約していました。

この時も、チェックイン時に「追加料金で素敵なお部屋にアップグレードできる」提案をスタッフから受けたので、「ミレニアティブスイート」と「クラブカールトンスイート」の料金の差額を支払い、

「クラブカールトンスイート」から「プレジデンシャルスイート(220平方m)」

に、無料でアップグレードしていただきました。

248万円の部屋が22万円。124万円の部屋が20万円に!

これらのアップグレードを金額に置き換えると、約22万円の「クラブカールトンスイート」

  • 1回目:248万円の「ザ・リッツ・カールトン・スイート」
  • 2回目:124万円の「プレジデンシャルスイート」

にそれぞれアップグレードされました。

つまり、実質の割引金額は

1回目:「226万円の割引」、2回目「102万円の割引」

にもなりました。

もう、13万円+消費税の年会費がどうでもよくなってしまう割引金額ですよね(苦笑)

22万円の部屋から248万円の部屋にアップグレードされた体験は、下の記事に詳しく書きましたので、私のような部屋のアップグレードに挑戦してみたい方は読んでみてください。

他にも、3ヶ月間の間に、「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」の特典で「コンラッド東京」に宿泊しましたが、その時もスイートルームのランクを1ランクアップグレードしていただきました。

他にも「シャングリラ東京」「パークハイアット東京」「ペニンシュラ東京」「マンダリンオリエンタル東京」に宿泊しましたが、アメックスプラチナのおかげで、いずれも快適に過ごすことができました。

アメックス・プラチナを取得するにはどんな方法がある?

これだけ魅力的な特典が使えるアメックス・プラチナカードですが、残念なことが一つだけあります。

それは、アメックス・プラチナカードを直接アメックスで申し込みできないことです。

最初に

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

を申し込んでから

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

のインビテーション(招待)を待つというのが、アメックスプラチナを手に入れる通常の手順です。

ですので、通常は、いきなりアメックスプラチナに申し込めませんので、まずは、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに申し込むことになります。

今なら2017年1月31日までの期間限定で、「初年度年会費(29,000円+消費税)が無料」、さらに最大「20,000ポイントものボーナスポイント」の特典がありますので、アメックスゴールドを手に入れたい方は、この機会を利用しない手はないでしょう。

カード決済する予定の金額に合わせて選べる最適なキャンペーンを、下の記事で紹介していますので、今から「アメックス・ゴールド」のお申し込みをお考えの方はご覧ください。

また、アメックスプラチナの法人カード「アメックス・ビジネス・プラチナ」を目指す方は、下の記事の、「ANAアメックスゴールド+アメックス・ビジネス・ゴールドカードを申し込んで12万ポイントを獲得する方法」をよくご覧になり、ANAアメックスゴールドカードを申し込んでからアメックス・ビジネス・ゴールドカードを申し込むのがお得な入会方法です。

いきなり直接アメックスプラチナに申し込む方法(突撃)が存在する!

インビテーション制で取得するのがアメックスプラチナの希少性やステータス性にもなっているのですが、実は、直接申し込む方法(突撃)も存在します。

実際、私は、インビテーションではなく、「突撃」と呼ばれる直接申し込みで、アメックスプラチナカードを手に入れました。

私の場合は、駅でしたが、その後、空港でも、アメックスビジネスプラチナの直接申し込みの勧誘をしょっちゅう受けますので(ビジネスゴールドではなく、いきなりビジネスプラチナ)、そういう決済裁量権みたいなものがあるのだと思います。

実際に私が、アメックスプラチナを駅の直接突撃で入会した方法を、下の記事の中で詳細に書きましたので、プラチナカードに直接申し込む方法に興味がありましたらご覧ください。

 

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードを持つメリットは覚えきれない特典の数々!

「三井住友VISAプラチナカード」の年会費が54,000円に対して、「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」の年会費は140,400円!

「3倍近い年会費の価値はどこにあるのだろう?」

と思い、届いた資料やネットに記載されている「プラチナ・ウェブ」を何度も見まくりました。
ところが、そこには、とんでもない罠が潜んでいたのです(笑)。

アメックス・プラチナには覚えきれないほどの特典が・・・

その罠とは・・・。

あまりに多すぎる特典の数々

大カテゴリを見ただけでも・・・

ベーシックサービス(プラチナ・コンシェルジェなど)
ライフスタイル(ダイニング、ショッピング、スポーツ、メディカルコンサルなど)
ポイントプログラム
旅行(空港ラウンジ、旅行予約、ホテル予約など)
保険(旅行障害保険、ショッピング系保険、ゴルフ・スキー・テニス保険など)

てんこ盛りなんです(汗)

覚えきれません!(爆)

アメックスプラチナは、ラグジュアリーホテルの特典「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」が素敵

私の中で「プラチナカード」「センチュリオンカード」専用のサービスで最強だと思っているのが、「ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)」です。

1泊あたり数万円の価値のあるFHRは、月に1回利用するだけでも、それだけで年間30万円以上の価値になります。

私のように月にラグジュアリーホテルを2回〜3回利用するなら、FHR特典だけで、年間50万円以上の価値になります。

私は、センチュリオンカードは所有していませんが、センチュリオンの年会費(35万円+消費税)でも十分に元が取れる計算になります。

アメックスプラチナ・旅行

Amexプラチナカードの「ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)」のラグジュアリーホテル一覧

私がプラチナカードの恩恵を一番受けているとすれば、間違いなくホテル関連のサービスです。

「ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)」に掲載のラグジュアリーホテルに宿泊すると、公式サイト価格の最安値の料金で

  • 部屋のワンランクアップグレードが無料(空室があれば)
  • 12時チェックインが無料(空室があれば)
  • 16時チェックアウトが無料(予約時に確約)
  • 朝食が2名まで無料
  • 100ドル程度の食事割引

などのサービスが受けられます。

なお、「ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)」のホテル一覧は次の通りです。

  • アマン東京
  • グランドハイアット東京
  • コンラッド東京
  • ザ・ペニンシュラ東京
  • ザ・リッツ・カールトン東京
  • シャングリ・ラ・ホテル東京
  • 帝国ホテル東京
  • パークハイアット東京
  • パレスホテル東京
  • フォーシーズンズホテル丸の内東京
  • マンダリンオリエンタルホテル東京
  • ザ・リッツ・カールトン京都
  • ザ・リッツ・カールトン大阪
  • セントレジスホテル大阪

アマン東京

  • デラックスルーム(71㎡):
    91,530円〜207,468円
  • デラックスパレスガーデンビュールーム(71㎡):
    115,938円〜213,570円
  • プレミアルーム(80㎡):
    103,734円〜225,774円
  • スイート(141/146㎡):
    146,448円〜268,488円
  • コーナースイート(121/139㎡):
    170,856円〜292,896円
  • アマンスイート(157㎡):
    195,264円〜353,916円

グランドハイアット東京

  • グランドルーム(42㎡):
    47,196円〜95,634円
  • グランドデラックスルーム(55㎡):
    55,890円〜104,382円
  • グランドクラブルーム(42㎡):
    64,584円〜113,022円
  • グランドクラブデラックスコーナールーム(60㎡):
    79,488円〜127,926円
  • グランドスイート(85㎡):
    98,118円〜146,556円
  • グランドエグゼクティブスイート(100㎡):
    147,798円〜196,236円
  • ディプロマットスイート(100㎡):
    172,638円〜221,076円
  • チェアマンスイート(125㎡):
    372,600円
  • アンバサダースイート(200㎡):
    621,000円
  • プレジデンシャルスイート(260㎡):
    1,242,000円

下の記事でリッツカールトン東京の宿泊予約をする際、どの宿泊サイトから申し込むのがお得なのかを比較してみました。すると、部屋のグレードが上がれば上がるほどFHRが有利であるという結果になりました。この記事と合わせてご覧ください。

アメックス・プラチナの「ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)」は朝食が2人分無料

とくに、2人分の朝食が無料になる特典は、いつも有意義に使わせてもらっています。
「ファイン・アンド・リゾート」のホテルは、どこもラグジュアリー感のある一流ホテルばかりですから、朝食の内容も申し分ありません。

私の大好きなチーズの種類が豊富だったり、生ジュースも選ぶのに迷ったり、何より、作りたてのオムレツに好きな具材をリクエストできるのがありがたいです。

アメックスプラチナは、ホテルのレイトチェックアウトが16時まで確約!

そして、私が積極的に活用しているのが、「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」のレイトチェックアウトの無料サービスです。

運が良ければ、チェックイン時に空き部屋があれば、12時からチェックインできます。

さらに、通常12時のチェックアウト時間が、16時までのレイトチェックアウトが確約となります。
私のようにスイートルームを打ち合わせに使う宿泊者には、このサービスがとても役に立っています。

私はスイートルームを使って応接室で面談をよく行っています。
東京は会議室の料金が高いので、スイートルームに宿泊しても、応接室で打ち合わせができると思えば、料金にそんな大差ないんです。

運が良ければプラチナカードで、部屋のアップグレードも!

そして、部屋のアップグレードの無料サービスも忘れてはなりません。

必ずアップグレードされるわけではないのですが、1ランク上の部屋が空いていれば、無料のアップグレードサービスを受けることがあります。

運が良ければ、1泊200万円の部屋にアップグレードしてもらえることもありますよ♪

実際に、日本一高級な1泊200万円の部屋にアップグレードしてもらった時の宿泊記は↓コチラ

さらに、「アメリカン・エキスプレス・カード」「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」も使える「アメリカン・エキスプレス・セレクト」サービスを活用すれば、スイートルームに半額で宿泊できる特典があります。

下の記事でその方法を書きましたのでご覧ください。

私も「京王プラザホテル」のスイートルーム半額サービスをよく利用しています。(11万円が5万5千円です。東京の会議室を借りるよりお得です。)

家族カードが4枚も無料!

アメックスプラチナ・ベーシックサービス

通常、クレジットカードの家族カードを作れば、本会員の半額ほどの年会費がかかったりするが、プラチナカードは、家族カードが4枚まで無料になります。私の家族は5人家族なので家族全員に行き渡る計算です。

これでもゴールドカードに家族カードを発行するよりも高額ですが、プラチナカードには、年会費以上の価値を感じる数々のサービスがあるのです。

食事が1人無料になったり予約が取れないレストランが予約できるAMEXプラチナ

アメックスプラチナ・ライフスタイル

プラチナカードの真髄は、食事、スポーツ、旅行などのエンタテイメントサービスに強いということです。

たとえば、お得意先とちょっと良いお店で商談したいって時に、1人の食事代金が無料になるレストランが東京で22店舗、大阪で8店舗あります。
私も天ぷらの老舗のお店を使わせてもらいましたが、雰囲気もよく、心地よい時間を過ごせました。

操縦士付きクルーズ船のレンタルも!

ちょっとリッチっぽさを感じるサービスであれば、「操縦士つきクルーズ船レンタル」もあります。

1日10万円足らずでクルーズ船をレンタルし、ちょっとした記念日にプライスレスな思い出を作るのも粋でしょう。

一流ブランドのお店でプライベートショッピングができる!

ブランド好きにとってたまらないのが、プライベートショッピングの特典です。

閉店後にお店を貸し切ってゆっくりとショッピングできるという特典です。お店によっては、シャンパンのサービスを受けられるところもあります。

ポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」でマイルに交換も!

アメックスプラチナ・ポイント

アメックスプラチナカードは、100円で1ポイントたまり、1ポイント=1マイルでマイルに交換できます。

プラチナカードにはポイントアップ機能もある年間3,000円の「メンバーシップ・リワード・プラス」に無料で加入できるのもありがたいです。

保険機能も充実しているアメックスプラチナカード

アメックスプラチナ・保険

アメックス・プラチナカードは、保険の内容も半端ないです。
海外旅行・国内旅行の傷害保険の金額は数あるクレジットカードの中でも最高金額レベル。
他にも、ショッピングのキャンセル保険や購入したものを壊した時の保険、そしてゴルフやスキーの保険まで、

私のように、日本国内を「移動」しまくり、「カメラ」の購入、「スキー」が趣味の人間にとっては、とてもありがたいカードなのです。

 

まとめ

ひょんなことから取得して(しまった)
「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」
ですが、年会費13万円+消費税の価値は、

「どれだけアメックスプラチナの独自の特典・サービスを使い倒せるか?」

にかかっていると思います。

私は、カードを取得して数ヶ月で、ホテル宿泊の特典を存分に使い、すでに10万円ぐらいの割引を受けています。

もともとが、旅行に強いカードブランドですので、私のように国内をガンガン移動する者にも使えるカードと言えるでしょう。

逆に、プラチナカードの特典である、ラグジュアリーホテルの宿泊や、一流ブランドでのショッピングをしなければ、宝の持ち腐れとなってしまい、もったいないですね。

 

アメックスプラチナカードを持ちたいと思ったあなたへ

私は、VISAプラチナカードを10年間使ってきて、アメックスプラチナを使い始めました。

VISAプラチナの利用枠の500万円に対して、私のアメックスプラチナの利用枠は150万円ほど。(半年経過すると利用枠は300万円ほどに増えました)

カードとしての限度額は、VISAゴールド以下のアメックスプラチナですが、アメックスプラチナを利用している満足度は、VIASプラチナの比ではありません。

年会費が本当に安い!と思えるカードに初めて出会いました。

もし、アメックスプラチナの魅力をあなたが感じたなら、まずは、アメックス一般カード、アメックスゴールドカードから始めてみてください。

十分、アメックスカードの魅力を感じることができるはずです。

 

アメックス一般カードでアメックスカードの魅力を体験する!

image

とにかくアメックスのステータスに憧れている人やアメックスのサービスを使ってみたい方は、アメックス一般カードから利用してみるのが良いでしょう。

年会費は12,000円+消費税。他のカード会社のゴールドカードよりも年会費が高いですが、付帯するサービスは、他のクレジットカード会社のゴールドカードよりも魅力的です。

一度、アメックスを使い始めると、そのサービスや特典の魅力的にはまること間違いなしです。

アメックスゴールドカードでアメックスカードの魅力を体験する!

image

アメックスプラチナを持つ最短距離がアメックスゴールドを持つことから始まります。特典も一般カードよりもさらに魅力的なものになりますので、その特典を使うために申し込むのもアリです。

今なら2017年1月31日までの期間限定で、「初年度年会費(29,000円+消費税)が無料」、さらに最大「20,000ポイントものボーナスポイント」の特典がありますので、アメックスゴールドを手に入れたい方は、この機会を利用しない手はないでしょう。

カード決済する予定の金額に合わせて選べる最適なキャンペーンを、下の記事で紹介していますので、今から「アメックス・ゴールド」のお申し込みをお考えの方はご覧ください。

 

おまけ:直接申し込みできるアメックスプラチナカード


ビジネス向けになりますが、直接申し込むことができるアメックスプラチナカードがあります。

それが、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

年会費が20,000円+消費税という格安料金のアメックスプラチナカードですが、よく使うサービスで重宝しているプロパーカードのサービス「アメリカン・エキスプレス・セレクト」を使うことができます。

このサービスは、ホテルが格安で予約できたり、レストランの割引を受けることができます。

スイートルームが半額で宿泊できるサービスもあり、アメックスならではサービスを受けることができます。

また、カード専用のコンシェルジェサービスもついていますので、アメックスプラチナというブランドが欲しい人には良い選択肢になります。

\ SNSでシェアしよう! /

マイルの達人の注目記事を受け取ろう

アメリカン・エキスプレス・プラチナカード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

cj中嶋

cj中嶋

ANAマイルを貯め始めた2016年は8ヶ月間で54万マイル貯めることができました。2017年の1年間の目標は180万マイル!具体的な貯め方はブログとメールマガジン、セミナーでお伝えしています。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • ANAアメックスゴールドお申し込みはココがお得!

  • リッツカールトン東京のスイート(一泊料金242万円)に宿泊してみた!

  • ANAカード申し込みがお得なポイントサイト比較ランキング!【1/1更新】

  • 毎月15万ANAマイルを貯める最強のクレジットカードは何か?

  • ビックカメラ100ポイントでANA60マイルに交換!JR九州SUGOCAカード!

  • ソラチカカードの得する新規入会キャンペーン&ポイントサイトはココ!2017年1月16日開始!