1. TOP
  2. ザ・ペニンシュラ東京のスイート無料アップグレードを使ってみた!スイートルーム宿泊記

ザ・ペニンシュラ東京のスイート無料アップグレードを使ってみた!スイートルーム宿泊記

ペニンシュラ東京エグゼクティブスイートルーム応接間

ペニンシュラ東京のスイートルームの種類

ザ・ペニンシュラ東京の宿泊記にようこそ! マイルの達人・cj中嶋です。

2016年7月にザ・ペニンシュラ東京のエグゼクティブスイートに宿泊する機会がありましたので宿泊記としてまとめたいと思います。

ザ・ペニンシュラ東京エグゼクティブスイートの応接室から日比谷のビルを眺める

写真は、チェックインした15時頃の部屋のエグゼクティブスイートの入口から応接室、日比谷のビル群の風景を眺めたところです。

まず、ザ・ペニンシュラ東京には、

  • スーペリアルーム(51㎡)
  • デラックスルーム(54㎡)
  • デラックスコーナールーム(69㎡)
  • デラックスパークビュールーム(54㎡)
  • グランドデラックスルーム(63㎡)

の、5種類の部屋があります。

さらに、

  • エグゼクティブスイート(81㎡)
  • デラックススイート(116㎡)
  • 丸の内スイート(109㎡)
  • 日比谷スイート(298㎡)
  • ザ・ペニンシュラスイート(347㎡)

の、5種類のスイートルームがあります。

特に、丸の内スイート、日比谷スイート、ザ・ペニンシュラスイートの3部屋は、アメックス・プラチナカードのファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)で申し込むことができず、アメックス・プラチナのコンシェルジェを通すか、ペニンシュラ東京に直接電話予約するしかありません。

今回は、アメックス・プラチナカードのファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)は利用せずに、直接ホテルのWebサイトから「エグゼクティブスイート」を予約をしました。

今まで、ほとんどのラグジュアリーホテルの予約は、アメックス・プラチナのFHRを活用していたのですが、今回だけは、なぜホテル直接の予約にしたのか?

それは、非常にお得な料金プランがザ・ペニンシュラ東京の宿泊プランに設定されていたからです。

今回、エグゼクティブスイートに宿泊した理由

で、今回、5種類あるスイートルームの中でも、「エグゼクティブスイート」を選んだ理由は単純です。

もの凄い格安の宿泊プランがホテルから直接提供されていたからです。

ペニンシュラ東京のエグゼクティブスイートの応接

写真は、ザ・ペニンシュラ東京エグゼクティブスイートのリビング。

「エグゼクティブスイート」の通常料金は、消費税、サービス料金込みで140,000円ほどです。それが、約半額の71,500円で提供されていたので、利用しない手はないと思ったわけです。

私がいつもアメックス・プラチナのFHRを使うのは、ホテルの室料のみの料金で

  • チェックイン時に空室があれば、部屋のアップグレード
  • チェックイン時に空室があれば、12時からのチェックイン
  • 16時のレイトチェックアウト確約
  • 朝食2名まで無料
  • 100ドル相当の食事割引

の特典があるからですが、今回だけは、直接ホテルで予約することにしました。

2016年9月15日までの宿泊には19時までのレイトチェックアウト特典も!

しかも、半額という料金だけではありません。

なんと、19時までのレイトチェックアウトができるのです。
15時にチェックインすれば、なんと28時間もの間、部屋を使うことができるのです。

むちゃくちゃ、お得です。

ただし、2016年9月15日までの限定企画ですので、利用を考えている方は早めに決断しましょう。

ペニンシュラ東京のスイートルームのデザインは和モダン

今回、ザ・ペニンシュラ東京には、はじめて宿泊しました。

エレベーターに乗るには、ロビーの受付の前を通るので、セキュリティ面も万全です。
また、スタッフからの挨拶も気持ち良く、部屋に入る前から期待感大でした!

予想はピタリと合い、部屋の調度品やインテリアデザインはモロ私好み(笑)。
漆のような「朱色」と「黒」のツートンカラーを基調とした配色が、いい感じです!

DSC_2111

ザ・ペニンシュラ東京はどこで予約するとお得なのか?

東京のラグジュアリーホテルは、アメックス・プラチナ、アメックス・センチュリオンホルダーが利用できるファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)を利用するのがお得です。

ほぼ、100%に近い確率で部屋のアップグレードがありますし、運が良ければ、

↑この記事のように、100万円引きとか200万円引きのアップグレードも受けられます(笑)。

とは、言うものの、今回のように期間限定のホテルからの直接予約のプランがある場合は、積極的に活用したいところです。

では、ザ・ペニンシュラ東京の予約はどこでするとお得なのか?を見ていきましょう!

グランドデラックスルームから無料アップグレードできる今がお得!

2015年11月23日〜2016年12月31日までの期間限定で、「グランドデラックスルーム」の宿泊料金で「エグゼクティブスイート」に宿泊できるプランが設定されています。

つまり、グランドデラックスルームからエグゼクティブスイートへの部屋の無料アップグレードが、予約時に確定していると理解していただければ大丈夫です。

通常の部屋からスイートルームへの無料アップグレードは、あまりないサービスですので、この機会に利用してみてはいかがでしょうか?

ただし、このプランは、ザ・ペニンシュラ東京に直接予約した時のみ有効ですので、ご注意ください。

「アメリカン・エキスプレス・セレクト」はデラックスルーム中心

もし、ザ・ペニンシュラ東京の「デラックスルーム」に宿泊したい!ということであれば、アメリカン・エキスプレスホルダーであれば、誰でも使える「アメリカン・エキスプレス・セレクト」での申し込みが良いでしょう。

料金の割引金額だけでしたら、一休.comでの申し込みの方が早期割引で安い場合もあります。

しかし、「アメリカン・エキスプレス・セレクト」で申し込むと、アメリカンブレックファストと空室がある場合の部屋のアップグレードもあります。

つまり、これらのサービスを受けることができれば、「アメリカン・エキスプレス・セレクト」の方が、一休.comよりもお得感があります。

「アメリカン・エキスプレス・セレクト」を利用するにはアメックスに入会している必要があるのですが、アメックスのプロパーカードでなくても大丈夫です。

年会費が条件付きで無料になるセゾン系のアメックスカードでも、「アメリカン・エキスプレス・セレクト」は使えますので、アメックスをまだ持たれていない方は、これを機会に申し込んでみてはいかがでしょうか?

年会費が条件付きで無料のセゾン系のアメックスの申し込み方法は、

で詳しく書いています。

アメックス・プラチナのFHRで予約できるスイートルームは、エグゼクティブスイートとデラックススイートの2タイプのみ

ラグジュアリーホテルやラグジュアリーホテルのスイートルームに宿泊する際は、アメックス・プラチナ、アメックス・センチュリオンのサービス「ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)」が威力を発揮します。

残念ながら、アメックスプラチナ、アメックスセンチュリオンとも、直接申し込みができるカードではありませんので、

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

に申し込み、カードを利用歴を積んでプラチナのインビテーション(招待)を待つことになります。

アメックス・ゴールドカードの申し込み方法は、

↑に詳しく解説しています。

デラックスキング、デラックスツインは、一休.comがセールをすることも

ところが、ラグジュアリーホテルの予約に強い「一休.com」から予約した方がお得になることもあります。

とくに、早期割引や期間限定の割引が「デラックスルーム」で設定されていることがありますので、ザ・ペニンシュラ東京のデラックスルームに宿泊する際は、「一休.com」もこまめにチェックしておきましょう。

>>ザ・ペニンシュラ東京の料金を「一休.com」でチェックする

ペニンシュラ東京のエグゼクティブスイートの宿泊記

では、今回の宿泊記に移りたいと思います。

先に書いたように、インテリアの雰囲気は、和モダンで「朱」「黒」の組み合わせ、そして、ふんだんに使用されている木材の香りが、部屋に入った瞬間に身体を癒します。

ベッドルームのデスクと椅子のバランスも言うことなしです!

DSC_2289

リビングルームとベッドルームのドアは、厚さのある立派な板を使っています。重さを感じさせない重厚なドアは、数あるラグジュアリーホテルの中でも大好きな調度品です。

DSC_2318

ベッドルームの側面と天井も木材の凝った造作が美しいです。

DSC_2284

ウエルカムドリンクとウエルカムスイーツに舌鼓

みかんと一緒に置かれていたウエルカムレター。

DSC_1926

みかんとおかきをいただきます。

DSC_2131

嬉しかったのは、ストレート果汁100%の桃ジュースとマンゴージュース。
売っているお店を探しても探せない逸品です!

DSC_1969

お茶もいただきます。

DSC_2113

ペニンシュラ東京エグゼクティブスイートのリビングルーム

リビングルームには4席のダイニングテーブルと3人分のソファがあります。

DSC_1938

ソファテーブルの上には盆栽が。最近の海外での盆栽ブームもあり、ラグジュアリーホテルのリビングでよく見かけるようになりました。

DSC_2177

炭と緑の対比が良い感じです。

DSC_2198

リビングルームのデスクは、広くて使いやすいです。
仕事もどんどんはかどります!

DSC_2145

テレビの下には、VGA入力端子など、モニター接続周りがバッチリ整っています。
メモリーカードも、コンパクトフラッシュ、SDカードなどいろいろなカードに対応していて感動しました!

DSC_2165

ペニンシュラ東京エグゼクティブスイートの冷蔵庫とエスプレッソマシーン

冷蔵庫の中にはマンゴープリンもあり、食べようと思っていたのですが、忘れました(汗)。

DSC_2201

ジャパニーズウイスキーは「竹鶴」です。

DSC_2209

エスプレッソマシーンは、本場イタリアのラバッツァです!

DSC_2214

ザ・ペニンシュラオリジナルのコーヒーカップ。

DSC_2219

エスプレッソマシーンで淹れたコーヒーも美味です!

DSC_2330

ペニンシュラ東京エグゼクティブスイートのドレッシングルーム

ドレッシングルームのデザインも私好みでした。

DSC_1859

広いドレッシングルームは、1週間分の服を持ってきても、大丈夫な広さです!

DSC_1866

パジャマは浴衣。浴衣のデザインも渋くておしゃれです。

DSC_2249

ペニンシュラ東京エグゼクティブスイートのベッドルーム

ベッドルームは木のぬくもりに溢れています。ベッドに入って、天井の組み木の模様をぼんやり眺めるのが気持ち良いです。

DSC_1870

ベッドから見るテレビとデスクの一体化したデザインがおしゃれです。
ドレッシングルームにつながるドアの木の板が日本的で良いです。

DSC_2312

ハンガーも部屋の雰囲気によく合っています。

DSC_2266

ペニンシュラ東京エグゼクティブスイートのバスルーム

部屋の落ち着いた雰囲気とうって変わってバスルームは明るい雰囲気です。

DSC_1987

広いバスルームは気持ち良いです。

DSC_1992

DSC_1996

DSC_1998

バスルームのお湯はこんな感じで注がれます。

DSC_2078

アメニティは、ラグジュアリーブランド「オスカー・デ・ラ・レンタ」。

DSC_2045

バスルームにはテレビもあります。

DSC_2032

DSC_2043

バスローブが良い感じで並んでいます。

DSC_2030

\ SNSでシェアしよう! /

マイルの達人の注目記事を受け取ろう

ペニンシュラ東京エグゼクティブスイートルーム応接間

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

cj中嶋

cj中嶋

ANAマイルを貯め始めた2016年は8ヶ月間で54万マイル貯めることができました。2017年の1年間の目標は180万マイル!具体的な貯め方はブログとメールマガジン、セミナーでお伝えしています。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • リッツカールトン東京のスイート(一泊料金242万円)にお得な料金で宿泊

  • リッツカールトン東京に最安値で宿泊する!予約サイト料金比較ランキング

  • 東京のホテルのスイートルームに格安で宿泊する方法:2017年度版